脱毛するのは秋冬がベスト??

 

水着になったり薄着になることの多いシーズン「夏」になるやいなや急いで脱毛をしはじめる女子が意外と多いんですよねぇ。

 

じつは「これダメ~」なんです。

 

 

脱毛器による脱毛の時期は本来は「秋冬春」でしっかりとケアしなければ、夏場に大変な思いしちゃうんですよー。

 

その理由をいくつかまとめましたのでご覧ください♪

 

 

 

 

 

紫外線がすくない!

 

脱毛器の基本的な注意点のなかに、日焼けした肌には使用できない機種が多いのです。
これは家庭用脱毛器にかぎったことではなくて、プロの現場での脱毛エステ店でもお客様へむけて脱毛してる時期の日焼けの注意をお声がけすることがあります。
それをふまえると、秋冬の紫外線の量はグッと少なくなります。肌の状態が良い期間にしっかりケアしていくことが大事だといえますね♪

 

 

 

 

脱毛と除毛はちがう!

 

・除毛は一時的なもの。
・脱毛は長期にわたって毛の根っこから消滅させていくもの。

 

脱毛器でも脱毛サロンでも、毛の処理が必要なくなるまでは毛周期に合わせたケアが必要になります。つまり2~3週間に1度のケアを半年~1年にわたり繰り返し脱毛ケアをおこなうことで初めて脱毛処理完了できるのです。
秋から冬に始めれば、来年の夏には綺麗に脱毛できてる計算で皆さん脱毛してるわけですね。

 

女性ってたいへんですねぇ~汗

 

 

 

 

夏の脱毛ケアは「おろそか」

 

夏シーズン、露出がおおくなると、目に見えてるムダ毛部分だけを外出のたびにシェーバーなどで剃毛するのは、脱毛器でケアしてる最中であれば毛周期の邪魔になってしまい、毛周期にあわせた正確なケアができなくなってしまい、脱毛ケアの効果が半減してしまうことがあるんです。
秋は長袖になるため露出もなくなり、脱毛したい箇所を丁寧に脱毛ケアできるというわけです。

 

 

 

 

 

脱毛器は秋から使って効果大!

 

家庭用の脱毛器は、半年から丸1年間の毛周期を目安に作られてるモデルが多いです。
1ヶ月に2回の脱毛ケアができるのは、脱毛器ならではのメリットでもあります。

 

いっぽう、脱毛エステサロンの場合だと、2ヶ月に1回のケアプランなどになると、プラン的には2年間の脱毛目安がメインコースになり、脱毛器より長い期間が必要となります。

 

くらべてわかるとおり脱毛器は使い勝手と効率がよいので、いまや大人女子の美容マストアイテムとなってるわけですが、大事なのはこの半年から1年間で脱毛ケアできる計算というのは秋から来年夏までを目安としたケアプランなので、家庭用脱毛器を上手につかうためにも秋か冬からのスタートは効果も大きいといえます。

 

 

 

 

【結論】

 

もちろん土壇場の夏に脱毛したとしてもツルツルお肌にはなりますが、一時的な脱毛・・・いわば剃毛的な応急的な対応になってしまい、ケアしたところの肌荒れ状態で露出するハメに、、、なんてこともあります。

 

なので、上記の①から④のことをしっかりと理解して、毛周期に合わせるなら「秋冬春」に脱毛ケアをスタートすることをオススメしたいです!